漫画家、杉山美和子さん原作の「花にけだもの」の実写ドラマがdTVとFODの2つの動画配信サービスで毎週同時配信されることになりました。2017年10月30日(月)から配信されます。

dTV×FODによる共同製作ドラマ『花にけだもの』は10月30日から配信開始

配信開始に先駆けて、本編第1話の“世界最速上映会”が、東京・渋谷MODI壁面の大型ビジョンにて、10月28日に1日限定で実施されることが決定しています。

上映は、10月28日の午前9時から午後11時までの毎時35分ごろから計15回に分けて上映されます。本編映像の前には、メインキャストである中村ゆりかさん、杉野遥亮さん、松尾太陽さん、甲斐翔真さん、入山杏奈(AKB48)さんからの特別コメントも収録されています。

見に行ける方は行ってみてはいかがでしょうか。

さてdTVとFODでの配信ですが、毎週配信となっていますので毎週1話ずつの配信ということはアナウンスされていますが、全何話構成になっているのかは不明です。いずれも2017年10月30日(月)0時から配信が開始される予定です。

「花にけだもの」の実写ドラマ版作品情報

『花にけだもの』は、『Sho-Comi』(小学館)で連載され、累計発行部数200万部を突破した同名人気コミックを実写化したものです。

主人公・熊倉久実(中村ゆりかさん)と、好きな人の前ではかわいらしい一面を見せる“けだもの男子”たちとの恋を描く、胸キュン青春ラブストーリーです。

キャラクターやメインビジュアル、場面写真が公開されるたびに、原作コミックを彷彿とさせるビジュアルがSNSを中心に話題となってきましたが、先日“けだキュン映像(けだもの男子に胸キュンする)”が初公開されると、瞬く間に1万回再生を突破。

「ドラマがますます楽しみすぎる!」「破壊力がありすぎてヤバい」「けだキュンが止まらない」など、ファンからのコメントが殺到しました。

この反響を受け、配信を待ち望んでいる人にいちはやく本編を楽しんでもらうために、先にご紹介した東京・渋谷MODI壁面の大型ビジョンでの本編第1話の世界最速上映会の開催が決定したわけです。

10月31日に開催される『109MEN’Sハロウィンイベント』にドラマ『花にけだもの』のキャストが登壇することが決定しています。さらに、イベントの翌日11月1日からは、109MEN’Sと『花にけだもの』のスペシャルコラボがスタートします。

館内やエントランスなどがドラマ『花にけだもの』仕様になり、ここでしか見られないオフショット画像が展示されるほか、プレゼントキャンペーンも開催されるそうです。

番組情報

dTV×FOD共同製作ドラマ『花にけだもの』
■配信日:10/30(月) ※毎週月曜日更新
■出演:中村ゆりか、杉野遥亮、松尾太陽、甲斐翔真、入山杏奈(AKB48)
■企画:清水一幸(フジテレビ)/上田徳浩(エイベックス通信放送)
■脚本:松本美弥子
■原作:『花にけだもの』杉山美和子(小学館『Sho-Comi』全10巻)
■監督:大谷健太郎/宮脇亮
■制作協力:The icon
■製作著作:エイベックス通信放送/フジテレビジョン

ドラマ「花にけだもの」のキャスト

主演は、NHK連続小説ドラマ「まれ」に出演し、その透明感で一躍注目を集めた若手女優の中村ゆりかさん。そんな主人公を翻弄する“けだもの男子”たちを、端正すぎるルックスの杉野遥亮さん、超特急のボーカルとして、また俳優としても出演作が絶えない松尾太陽さん、「仮面ライダーエグゼイド」パラド役に大抜擢され今勢いに乗る甲斐翔真さんが好演。

さらに女優としてもめまぐるしい活躍をみせるAKB48の入山杏奈さんなど、まさに次世代を担う超注目の若手俳優陣が集結しました!

草食系男子や塩顔系男子に注目が集まる昨今、全女子が潜在的に求めている強引で男らしいS級のイケメンたち “けだもの男子”が今秋女子たちを虜にすること間違いなしです!

熊倉久実役(中村ゆりかさん)

少し恥ずかしそうに体をひねりながら愛らしく微笑んでいるのが純真無垢で愛されすぎる主人公“熊倉久実”です。

<中村ゆりかさんコメント>
純真無垢に生きる女の子を初めて表現させていただく事になり、本当に嬉しいです。原作のイメージに沿わないか、邪心や固定観念も捨てて、共演させて頂く役者さんとの掛け合いに、ただただありのままの思いを引き出せたらと思っています。もちろん、久実という役への葛藤はありますが監督や周りの方々のアドバイスを頂きながら日々切磋琢磨しております。1番嬉しいことは、視聴者の皆さまに楽しんで共感して貰えることです。

柿木園豹役(杉野遥亮さん)

振り向き様これでもかと言わんばかりに優しそうな目つきで笑みを浮かべているのが王子様の仮面を被った超プレイボーイの“柿木園豹”です。

<杉野遥亮さんコメント>
豹はけだもの男子ですが、久実の純粋な気持ちに触れていくうちに、人を愛するということや一人の人を大切に想う幸せに気づかされます。その過程に寄り添って、僕自身も一緒に学び成長できていることを実感しています。作品を見る方に、豹の魅力がより深く伝わるよう1シーン1シーン闘っていますので、楽しみにしていて下さい。

和泉千隼役(松尾太陽さん)

クールな表情で見下ろしながらも瞳の奥にある優しさを隠しきれていないのは主人公を陰で支え続ける“和泉千隼”です。

<松尾太陽さんコメント>
千隼は一言で言うと「クール」。でも、その中には優しくて人間らしいピュアな部分も沢山あって、毎回色んな千隼に出会えたり、久実に対する一途な気持ちに勇気をもらったりしています。千隼の行動や発言の中で垣間見える相手への思いを自分も持てるように、そして皆の理想の千隼に少しでも近づけていきたいなと、日々奮闘中です。

日吉竜生役(甲斐翔真さん)

真っ白い歯を覗かせながら明るい表情で笑顔を見せるのは誠実で心優しく太陽みたいな“日吉竜生”です。

<甲斐翔真さんコメント>
最初に原作を読んだ時の竜生への印象は、とにかくまっすぐで人思いで裏表がなくて、いつも明るく万人から好かれる存在。まさに、みんなを明るく照らす「太陽のような男」という印象でした。ですが撮影を進めて行く中で気付いたことは、竜生は意外と計算高いかもしれない! アホなようでちゃんと用意周到な部分が彼のズルいところです。まだまだこれから竜生の色々な面を発掘できたらと思います!

大神カンナ役(入山杏奈さん)

腕組をしながら凛とした表情でこちらをまっすぐ見つめているのは秘密を抱えながらも主人公に次第に心を開いていく”大神カンナ”です。

<入山杏奈さんコメント>
花にけだものは私自身高校生の時に読んでいました。カンナに寄り添ってもう1度原作を読み返してみたり、ドラマの撮影が進んでいったりする中で、クールなキャラクター以外にも、優しさや繊細さ、可愛らしい部分を見つけました。実写ドラマでもカンナがみなさんに愛されるよう頑張ります。ぜひご覧になってください!

<杉山美和子先生コメント>
ムービーコミックになった時も夢のようでしたが、まさかのドラマ化!もう、嬉しいを通り過ぎて、どうリアクションをすればいいのか戸惑っているというのが正直なところです。キャストの皆さんも納得のイケメン・美女の素晴らしい顔ぶれだと思いました!どんな『花けだ』を演じてくださるのか、一視聴者として今からとてもワクワクしています!『花けだ』ファンの皆さまだけでなく、原作を知らない皆さまにも楽しんでいただける作品になると思いますので、ぜひぜひ見てくださいね!

「花にけだもの」をFODとdTVどちらで見る?

ドラマ版「花にけだもの」を視聴するには、FODかdTVのどちらかを利用しなければなりません。配信日が同じなので、どちらのほうが早く視聴できるといったことはないはずです。

また、どちらも見放題の動画配信サービスなので、1度配信された動画に関しては視聴期限内であれば何度でも視聴できると思います。

すでにFODかdTVのどちらかを利用している人は悩む必要はないですが、未加入の人は悩みどころではないでしょうか?

単純に料金比較すると、FODは月額料金888円、dTVは500円ですので、料金だけで比較するとdTVのほうが安いですね。ただしそれぞれに特長があり、一概に料金だけで決めるのは性急だと思います。

dTVでは、「花にけだもの」の全話完結ムービーコミック(漫画に音声や特殊効果を加えた動画)が配信されているのが特徴ですね。原作に興味がある人には、いいサービスだと思います。

また、電子書籍の「花にけだもの」を購入しようと考えている人であれば、FODプレミアムの会員になれば、20%ポイント還元で購入できるサービスがあります。

FODプレミアムの無料お試しで登録して見放題で動画を楽しむ方法

Da-iCEの書き下ろし楽曲「わるぐち」が主題歌に決定!

ドラマ主題歌に、「Da-iCE」のボーカル花村想太さんが初めて単独作詞した書き下ろし楽曲「わるぐち」が決定しました!このドラマのために書き下ろされた詞は“久実と豹”をイメージし、愛おしいと想っているのに素直になれずついつい「わるぐち」を言ってしまうような男女の愛情の裏返しをテーマにしたラブソングになっています。

詞を手掛けた花村想太さんは「大好きだからこそ素直に褒めることができないノロケ楽曲をニヤニヤしながら聴いてください」とコメント。胸キュン☆ストーリーにピッタリの楽曲に仕上がった主題歌にもぜひご期待ください!