モデルで女優の三吉彩花さんが雑誌「25ansウエディング」のカバーモデルに起用されました。「25ansウエディング」は年間4冊発行されている結婚情報誌です。ここではカバーモデル起用の経緯と三吉彩花さんのウェディングドレス画像を中心にまとめてみました。


出典:モデルプレス(写真:酒井貴生)

 

【スポンサーリンク】

 

三吉彩花、「25ansウエディング」起用の経緯

2017年6月18日に21歳の誕生日を迎えた三吉彩花さんは、都内で開かれた「25ansウエディング『スペシャルブライダルフェア』」に出演しています。モデルですから、元々「25ansウエディング」と繋がりがあったんですね。

この時は人生初のウエディングドレス披露ということで、ご両親も一人娘の“純白晴れ姿”を見守るために、会場に駆けつけたそうです。インタビューで「結婚は30歳前後を目安に、と言ってたらどんどん時が過ぎるかも。父には『俺が相手を審査する』と言われてます」とコメントしました。

サプライズのケーキでお祝いされると、思わず感涙を浮かべていました。

このフェアの時には、おそらく2018年のカバーモデルの件は内定していたのかなと思いますが、発表は11月2日でした。

「25ansウエディング」桝田由紀編集長のコメント

21歳という年齢ながら、大人っぽく、ハイジュエリーもつけこなせる数少ないモデルのひとりだと思います。

ピュアさとクールさが同居しているところにただ可愛いだけではなく、自分の人生を自分で選び取り、しなやかに生きる今の花嫁さんを表現してもらえると思いました。

生涯でもっとも女性が美しく輝く一日のための、美しいウエディング・ドレスやジュエリーを三吉さんならではの感性で着こなしてくれると期待しております。


出典:モデルプレス(写真:酒井貴生)

Seventeen 2017のSUMMER FESTIVALでもウェディングっぽいドレスを披露していますね。

 

【スポンサーリンク】

2017年の「25ansウエディング」カバーモデルは森星さん

20代~50代の幅広いエレガンスな女性達に支持されるクラスマガジン「25ans(ヴァンサンカン)」は、「25ansウエディング」の本誌ですが、2017年1月号(2016年11月28日発売)から、カバーガールを務めているのがモデルの森星さんです。

そして「25ansウエディング」でもカバーモデルとして表紙を飾っています。約2年間カバーガールを務めていたんですよ。三吉彩花さんは何年務めるんでしょうね。

ちなみにご存知だとは思いますが、森星(もりひかり)さんは祖母がデザイナーの森英恵(もりはなえ)さんで姉がモデルでタレントの森泉(もりいずみ)さんです。

まとめ

三吉彩花さんは抜群のスタイルなので、当然どんなドレスも似合うと思います。でも、あまりにも美しすぎるんじゃないでしょうか?いや、夢を与えるウェディングなんですから、美しすぎる方がいいんですよね!

編集長がコメントしている通り、21歳とは思えない大人っぽさですね。

↓こちらの記事もご覧ください!

 

【スポンサーリンク】