女優の広瀬すずさんが、来年1月スタートの日テレ系連続ドラマ「anone(アノネ)」で主役を演じることが発表されました。身寄りがなくネットカフェで暮らす19歳の少女を演じます。

広瀬すずさんも現在19歳という事で等身大の演技に挑戦することになりますね。

放送時間は日テレの水曜午後10時の枠です。開始日の発表はまだありませんが、おそらく2018年1月10日(水)になるんではないでしょうか。今から楽しみですね。

ドラマ「anone」で広瀬すずがネカフェで暮らす少女に挑戦

家族を失い、社会からもはぐれ、お金の稼ぎ方も知らず、生きる方法を見失ってしまった少女が、1人の老人女性と出会うことから物語は始まります。そして老人女性は少女をかくまいます。ニセモノの家族、ニセモノの人生、ニセモノの記憶…2人は一緒に暮らし始め、世間をあざむく衝撃的な計画を企てます。

このドラマは、生きることの意味や、人が生きる上でほんとうに大切なものは何か?を問い掛けます。

広瀬すずさんにとって連続ドラマ出演は、2015年の「学校のカイダン」以来3年ぶり3度目。これまでの明るく愛らしい女性役から一転、10代最後に深い業を背負った難役に挑戦します。


撮影:新田桂一

ドラマ「anone」のスタッフ情報

■ドラマ放送日:2018年1月、毎週水曜22時
■放送局:日本テレビ
■脚本:坂元裕二
■演出:水田伸生
■プロデューサー:次屋尚

脚本と演出は、同局系で2010年「Mother」と2013年「Woman」を手掛けた坂元裕二さん(50)と水田伸生監督(59)が5年ぶりにタッグを組みます。

これら2作品のファンだった広瀬すずさんは

お話を聞いて、すごくうれしかった。坂元さんの脚本と水田監督が作り出す世界、ぞくぞくするというか、どんな作品になるのか楽しみ。10代最後の今の自分だからこそ見える世界、感じられる感覚を大切に演じたい

と意気込みを語っています。

脚本の坂元裕二さんは『東京ラブストーリー』『Mother』『Woman』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『カルテット』など、ドラマ史に残るような名作ドラマを世に送り出してきました。最近でも有村架純さん主演の『いつ恋』や松たか子さん主演の『カルテット』など見た方も多いのではないでしょうか。

そして、演出でタッグを組むのが『Mother』や『Woman』を演出した水田伸生監督ですから面白くない訳ないですよね。

共演するのは物語のカギを握る老人女性を演じる田中裕子さん(62)です。田中裕子さんは『Mother』と『Woman』にも出演していますね。

ドラマ「anone」のキャストとコメント

広瀬すず

役名:辻沢昴(つじさわ すばる)

人間嫌いでネットカフェに引きこもっている。そこで出会った林田亜乃音(田中裕子)に引き取られて偽装家族を装い共同生活をはじめる。スケートボードが得意。

主演に抜擢された心境は?

坂元裕二さん脚本の「Mother」や「Woman」が、もともと大好きだったので、今回このドラマのお話を聞いた瞬間に、すごくうれしくて、今楽しみで仕方がないです!何かぞくぞくするというか、どんな作品になるのか楽しみです。

10代最後の連ドラ主演の抱負は?

10代は少女といわれる時期でもあると思います。今の自分だからこそ見える世界、感じられる感覚を大切にしたいな、と思います。

初めて連ドラの主演をやらせていただいたのが16歳で、日本テレビ(学校のカイダン)だったので、そのご縁がすごくうれしくて、今回も大切に演じられたらいいな、と思います。

意気込みメッセージを!

坂元裕二さんの生み出す脚本、水田伸生監督が作り出す世界、絶対にすごいドラマになるんじゃないかと思います。

私も全力でついていこうと思います。ぜひ楽しみにしていて下さい。

田中裕子

役名:林田亜乃音(はやしだ あのね)

林田印刷の未亡人。辻沢昴(広瀬すず)を引き取って共同生活をしている。

田中裕子さんのプロフィール

■生年月日:1955年4月29日
■出身:大阪府池田市
■血液型:B型
■出演作
ドラマ:『おしん』『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン』『Mother』『Woman』『まれ』など多数
映画:『天城越え』など多数

「Mother」と「Woman」に続く坂元さんの脚本、水田さんの演出。お二人のエネルギーに『めまい』するような作品になると思います。ついていきたいです。

次屋尚プロデューサー

楽しみにお待ち頂いてた方々もいらっしゃると思います。

2018年1月より、「Mother」「Woman」に続く、日本テレビ×坂元裕二脚本の第三弾の連続ドラマをお送りいたします。演出はもちろん、前出の2作品を手掛けた水田伸生監督。そして今回、主演ヒロインには、広瀬すずさんを迎え、渾身のオリジナルドラマをお届けします。これまでにも映画・ドラマで様々な役を演じてきた広瀬さんですが、10代最後の主演ドラマとなる今回は、彼女の持っている魅力のすべて、いやそれ以上、広瀬すずのすべてをこの作品に捧げて頂きます。

そして、このシリーズには無くてはならない存在となった女優、田中裕子さんにもご出演いただきます。これまでと同じように作品に安心感と重厚感をもたらせて頂くとともに、広瀬すずとの異色の組み合わせで新たな閃光が放たれる作品になるに違いありません。

みなさん、ご期待ください。

まとめ

ヒロインはスケートボードに乗って動き回る設定のため、広瀬すずさんは現在特訓中なんだとか。次屋尚プロデューサーは「とにかく広瀬すずがまぶしい。10代最後のパワーをぶつけて、今までにない広瀬すずを見せてほしい」と話しています。

ドラマの出来に期待が高まりますね!もうしばらく楽しみに待ちましょう。